離婚することになりました。お腹の中には彼の子供がいます。 現在妊娠18週に入りま…
離婚することになりました。お腹の中には彼の子供がいます。 現在妊娠18週に入りました。 2年近く付き合った彼との間に出来た子供です。 喧嘩もありながら、これまで仲良くやってきましたし、もともと結婚したいと話していました。 そのこともあり、妊娠をきっかけに籍を入れることとなり、先月入籍したばかりです。そして、結婚式の話にもなり式場や日取りも決めて話を進めている段階でした。 両家の顔合わせもスムーズに進み、何事もなく順調に話が進んでいました。今が幸せの絶頂と思って、毎日が幸せでした。 そんな時、彼の浮気が発覚しました。実は今回が初めてではありません。 といっても、誰かと関係を長くもっているということではなく、出会い系などで初めて知り合う人と連絡を取り合うというものでした。最終的な目的はあったと思いますが、私がいつも発見してきたので会うところまではいってませんでした。でも気づかなければ会って関係を持つところまでいっていたと思います。 今までも未遂に終わっていたとはいえ私からしたら立派な裏切り行為です。子供もできて籍も入れた今の状況でそのようなことが分かり、家族も巻き込む大騒動になりました。 彼自身は私や周りからも逃げて、1週間以上一切連絡がとれなくなりました。やっと連絡がついたと思って話をしても、今は待って欲しいとしか言われませんでした。 私の両親は結婚自体を破談にしようと、それくらいの怒りで彼のことを責めていました。彼の家族も、彼のしたこと自体を重く受け止め、私や私の家族がどのような選択をしてもこちらが何か言える状況ではないと、向こうも頭を抱えている状況でした。 結局予定していた式もキャンセルとなり、キャンセル料や手続きは全部彼側にお願いすることになりました。 この状況で、周りはもうこれ以上やっていくのは無理だと、誰もがそう言いました。私も、もうダメかもしれないと頭では分かっていました。 でも、いくら頭で考えても、やはり彼のことを好きな気持ちは変わりません。何度も裏切られて、自分ばかり思い続けて惨めだと思います。それでも、彼とのこれからをまだ信じている自分がいました。 そして今1番考えなければいけないのは、子供のことでした。 私の思いとしては、やはり彼の意見を聞かずには何も決めれませんでしたが、正直今後2人でうまくやっていく可能性の方が低い今、中絶の道も選択肢として考えました。 まだ決断はできないにしろ、時間も限られているためとりあえず話だけでも聞かなければいけないと思い病院に行って事情を説明しました。 現在の週数で中絶は可能。ただ、私にはあるリスクがあり、母体の安全を考えると今すぐ決断するのは最善ではない、もう少しギリギリまで決断は伸ばすべきと言われました。 危機迫る状況で、私と私の両親、彼の両親とも何度も話し合いをしましたが、そこに肝心な彼は来ませんでした。 私の親が今にも怒鳴りこみに行こうとしていましたが、それは私が説得して阻止しました。私から何度も彼に連絡をとり、彼の親からも事情を説明してもらい、数日前にやっと彼と会って話をすることができました。 彼も1週間以上、自分の中で色々考えてはいたようです。その中で、大体の決断も出ていると。 まず私から彼に話をしました。私の思いとしては、やはり子供は諦めたくない。でもシングルマザーとして育てることも正直今の自分では考えられないし、そんな自信もない。やはり2人だからこそ頑張れることだ、だから子供も彼との今後も簡単に諦めたくはないと伝えました。 そして、彼の思いを聞きました。彼の中で、子供ができたことは本当に嬉しかったと話していました。私のことを好きで一緒になりたいと思ったことも事実だと。でも、いつからとか何かきっかけがあった訳ではないけれど、自分の中で気持ちが変わっていることに気づいていたそうです。 そんな時に子供ができて、入籍や式の話も進み、どこか葛藤を感じていた。今回それが爆発するような形で逃げてしまったと話していました。 彼の出した結論としては、今は、私と今後やっていくことは考えられない。だから離婚したい。でも子供のことは今も大切に思っているし、私の体も本当に心配だから、堕ろすことで今後私が子供を産めない体になったりするのであれば、産んで自分が引き取って育てていくことも考えているとのことでした。 正直、私は産む選択をとっても、2人で育てるかシングルマザーとして育てるかの選択しかなかったのでこれには驚きました。彼にも、それなりの覚悟があるように感じました。 ただやはり、もう私に対しての気持ちがないという事実が本当にショックです。私は、子供も、彼も本当に愛しています。どちらかだけ選択することも決断できません。 まだお互い若いですし、今後の人生も考えて選択をしなければいけないと思っています。 色々な方の意見を聞きたいです。よろしくお願いします。(続きを読む)

妻から離婚届を突き出されました。昨年悪いことに、私の祖父が1月に病気で倒れ、…
妻から離婚届を突き出されました。昨年悪いことに、私の祖父が1月に病気で倒れ、休日のほとんどは祖父の世話で実家に帰っていました(3か月後に他界)。並行して私たちのマイホームを新築して いたことで、引越による荷物の整理と子どもの世話は妻に任せきりになり、お互い物凄いストレスが溜まっていました。私も色々と忙しく妻を心配する気持ち、声かけができていなかったので反省しています。そこから夫婦間がおかしくなり、5月に妻が爆発!過去の私のあまり思いやりを感じない経験も含め色々と吐き出されました。その後、改善するため、頑張ろうとした矢先、私が病気で倒れ、約1か月の入院。あまり見舞いにもきてくれないので私自身も不満がたまりました。でも、今年に入り、病気も何とか治り、今から頑張ろうと思っていた矢先の離婚届だったので・・・ 現在、子どもが8歳と3歳の男の子がいます。私は子どものためにも、家族のためにも別れてはいけないと思っていますが、妻の気持ちは今、固いようです。 もし、仮に別れた場合、妻は子ども2人に引き取ると言っていますが、現在、妻は無職です。これから資格をとってとか言っていますが・・・ 子どもの幸せを考えると不安で不安で仕方ありません。私は子どもが大好きです。別に浮気、妻、子どもへの暴力、遊んでの借金は全くありません。私のいまの正直な気持ちは、子どものためにも、今、別れることは絶対ダメと思っていますが、妻の気持ちが変わらず、そっちの方向へ向いた時は、親権、慰謝料等々の問題を法的に判断してもらわないと考えています。 このような状況では、どのような結果になるのでしょうか?教えてください。自分で考えてても答えはでません。 ただ、私はこんな最悪の事態にならず、私も改善に向け、頑張るので妻が子どものためにももう一度、踏ん張ってくれることを期待します。 長文ですいません。 皆さん、よろしくお願いします。 m(_ _)m(続きを読む)

離婚は悪いことですか?? 初めて質問させていただきます。 冒頭文のとおり、離婚…
離婚は悪いことですか?? 初めて質問させていただきます。 冒頭文のとおり、離婚を考えています。私31歳、夫35歳、結婚5年、子どもはいません。 離婚理由は以下のとおりです。 ・夫は無職、腰をすえて働くことができない性格。 ・本人は自覚していないが我が強く、家族のために生活設計することができない。 ・周囲と輪が保てない性格。よって仕事も続かない。 ・常に自分本位。欲しいものがあったりと自分のためになら一時的に働く。 ・キレる性格。暴力癖がある。 ・上記の性格のため、まともな話し合いが不可能。 ・親孝行をさせてくれない。 ・社会人としての物事の優先順位がおかしい。 ・金銭感覚がおかしい。 ・約束を守らない。都合よく甘え、あとは人まかせ。 ・虚栄心だけはやたら強く、親兄弟もふくめ周囲には頑張ってる自分を嘘吹いている。 ほかにもたくさんありますが、 5年経ってもまったく成長のない夫に見切りをつけた次第です。 大人になりきれておらず、まともな家族計画は望めないとようやく気持ちの整理がつきました。 ちなみに経済面は私が支えています。 夫の婚前の借金返済、住宅費用、生活費用、車費、社会保険料、他すべて私が支払ってきました。 苦しいなかで貯金もしてきました。 ちゃんと働くから・・・という口約束は何度もやぶられました。 最近、決心がつき、夫の両親と兄にはこれまでのことを全て暴露しました。 夫はもともと性格的に問題がある人なので、義父母、義兄は私に理解を示してくれています。 このまま離婚の方向で、話を進めて行きたいと思っています。 ちなみに夫本人はこのようなやりとりを知りません。 私の両親にもひどく心配をかけるのでまだ伏せています。 長くなりましたが、お伺いしたいのは、一般的な離婚のイメージです。 社会生活上、離婚経験者というのはどのような印象を持たれますか? 私の職業は医療関係です。 結婚後、夫の姓になりましたが、離婚後も主に仕事で様々な不便が生じますので、 旧姓には戻さずこのままの姓を名乗る予定です。 周到に準備したいと思っていますので、 離婚経験のある方からのアドバイス等いただけると嬉しく思います。 乱文失礼いたしました。 よろしくお願いいたします。(続きを読む)

不倫騒動でも離婚でも好感度が上昇 小倉優子が築き上げたイメージ
不倫騒動でも離婚でも好感度が上昇 小倉優子が築き上げたイメージ  livedoor(続きを読む)

“万引き大国ニッポン”「ダメなことはわかっているけど、やめられない」依存患者が存在する理由
“万引き大国ニッポン”「ダメなことはわかっているけど、やめられない」依存患者が存在する理由  ニフティニュース(続きを読む)