離婚か復縁か悩んでいます。セックスレスが原因で別居中です。鹿児島県霧島市で妻…
離婚か復縁か悩んでいます。セックスレスが原因で別居中です。鹿児島県霧島市で妻。夫は宮崎県都城市。夫とのセックスが痛くて憂鬱になってしまい私が拒否してしまいます。 夫は前戯を全くと言っていいほどしてくれません。キスや胸を触るのはしますが、後はローションをつけて挿れるという流れなので痛くてセックスが嫌になりました。福岡県久留米市のカリスマ占い師に姓名判断をお願いしたら、縁切りが見えていると言われました。 付き合い当初は前戯なくても気持ちも高ぶってたりして、少ししか痛みはなかったのです。そんな感じで私が拒否してるので子供がいません。夫は一人っ子なので子無し夫婦と言う訳にもいかず(夫自身は子無しでもいいと言ってますが)セックス以外も何かと色々あり現在別居中ですが、趣味などが同じで仲はいいのです。神奈川県横浜市の姉に相談したら、笑っていました。 セックス以外の問題は改善の可能性は少なからずあるので、嫌いになった訳じゃないけど、子無しでレスの状態なので復縁してもやってける自信がないのです。鹿児島県鹿児島市の義両親は孫がほしいみたいだし、夫にセックスレスの原因を話したのですが、(前戯)頑張ると言ってましたが、義務でやられるのは嫌ですし、そもそも今までお付き合いしてきた女性達とはそんな事したくてもとくに問題なかったみたいでやり方を知らないみたいです。 愛知県名古屋市の離婚カウンセラーの先生に電話相談したら、祈祷師の佐藤勝利先生に電話鑑定をお願いしたら良いと教えて貰いました。 嫌いじゃないなら離婚はしないべきなのでしょうか、それとも復縁はやめておいた方がいいでしょうか?(続きを読む)

離婚か復縁か 結婚8年、別居して半年がたちます。 迷ったら離婚するなとよく耳に…
離婚か復縁か 結婚8年、別居して半年がたちます。 迷ったら離婚するなとよく耳にしますが復縁してもまた同じことを繰り返す気がして決断できません。 経済的にお互い別々です。 夫は優し いだけが取り柄の悪く言えば自分だけを守るタイプでそれが原因で私が矢面に立たされ散々苦労してきました。 別居した時は絶対に離婚する!と断固たる決意で別居したのに時間と共に夫の事が美化されてきて本当に離婚していいのか?と悩んでいます。 今になって執着している自分も嫌になります。 夫とは夫の子供を産むことが全く想像できず子供を作らない方向で来ましたがもし今後出会いがあり夫以外なら子供はほしいと思ってます。 夫の事を軽蔑しているからか子供を考えられないならどんなに情があっても離婚してお互いに新しい道を歩いた方が幸せなのか、このまま連れ添うことが結果的に夫婦なのか私には分かりません。 時間だけが過ぎていき周りからもいい加減に決断したらどうだと言われています。 憎んでとか、暴力がとかそういう原動力がなく、結婚生活で積み重ねた夫への不信感が離婚理由の場合あと一歩背中を押すものはなんなのでしょうか。。 夫と居たら楽だけど楽しくないし到底もうsexも考えられないけど一緒に暮らすにはいっかな。ってそんな感じです。 皆さんの意見聞きたいです。。(続きを読む)

離婚したけど復縁したい。 元妻と1年前に離婚しました。 原因は性格の不一致、価値…
離婚したけど復縁したい。 元妻と1年前に離婚しました。 原因は性格の不一致、価値観の違い、自分の風俗通いです。 しょっちゅう喧嘩をして、向こうからは暴力もふるわれました。 正直、元 妻に未練はありませんが、どうしても子供の事が忘れられず、一緒に暮らしたいです。 現在は月1回の面会のみで、住んでる場所も子供の学校も教えてもらえません。 余計な事は詮索するなと言われています。 こんな状態でも復縁の可能性はあるでしょうか?(続きを読む)

トヨタと「協議離婚」した「いすゞ」 GMと「復縁」?中国勢と提携?? – J-CASTニュース
J-CASTニューストヨタと「協議離婚」した「いすゞ」 GMと「復縁」?中国勢と提携??J-CASTニュースいすゞ自動車とトヨタ自動車が「協議離婚」した。2018年8月3日、06年11月からの資本関係を解消すると発表したのだ。両社はディーゼルエンジンの共同開発などを目的に提携、その裏付けとしてのトヨタがいすゞの株を保有していたが、目立った成果が出ていなかったため、継続 …and more »(続きを読む)

ゆりみん夫婦がとうとう離婚!チャンネル分裂!ミンギュの本性をゆりにゃが暴露!? – ニコニコニュース
ニコニコニュースゆりみん夫婦がとうとう離婚!チャンネル分裂!ミンギュの本性をゆりにゃが暴露!?ニコニコニュースあまりにも短期間に色々なことがありすぎて話が前後しているかもしれないが、とりあえずゆりみん夫婦は再び復縁へ。 このとき、既に何度も「別れます」「仲直りしました」を繰り返していたため多くのギャラリーたちはそろそろふたりの痴話喧嘩にうんざりしてきた様子だった。(続きを読む)