離婚、別居までの生活費について質問致します。 今年11月までに離婚を成立させ、年…
離婚、別居までの生活費について質問致します。 今年11月までに離婚を成立させ、年末までは同居予定です。 慰謝料、養育費の支払いについては別居後の来年1月より支払いをしてもらいます。 公正証書も作成予定で、慰謝料、養育費については来年の1月から支払ってもらうよう記載予定です。 別居までは毎月生活費をくれるとのことなのですが、これに関しては年内に終わる話なので公正証書に記載せず、覚書や念書など別で作成し、主人に捺印をもらおうと思っています。 この場合の念書や覚書の文言について、例などがありましたらご教示頂きたいです。 宜しくお願い致します。 ※生活費について、法的に有効なものというより、あくまで同意したという書類を作りたいです。(続きを読む)

離婚後の生活費について 先日妻と離婚をし、計100万を10月から分割で支払うことに…
離婚後の生活費について 先日妻と離婚をし、計100万を10月から分割で支払うことになりました。この件に関しては証書も作りました。 妻はシングルマザーで、一応仕事もしていますが、生活するには額が足らず、生活保護の申請をしており、支給は10月からだろうと言うことです。 そこで、生活保護が支給されるまで生活費として20万払ってほしいといわれ、15万は支払っています。 しかし、ネットで調べていると、離婚後の生活費の支払い義務はないという事なので、この20万を慰謝料として支払うと妻に伝えた所、この20万は慰謝料と別、支払い義務も10月からでしょ?と言われました。 この場合、 ・証書で慰謝料は10月からと決めたが、先払いは可能か ・この20万は慰謝料として解釈できるか どうぞ皆様お力をお貸しくださいませ。(続きを読む)

離婚相談 主人から一切生活費を貰ってません。 お小遣いも無しです。 子供 中学1…
離婚相談 主人から一切生活費を貰ってません。 お小遣いも無しです。 子供 中学1年、3歳、2歳、1歳 4人 再婚で3年前に結婚しましたが、 3年間 1回も纏まったお金を貰った事がありま せん。 子供の物や食糧は主人が買って来るので、 最初は眼を瞑っていましたが、日中子供達と買い物に出るときなど、お金をくれないので、 私の貯金や不要品を売ったお金等で、 遣り繰りしておりましたが、限界が来たので、 去年10月から内職を始めました。 それでも月に1万になれば良い方なので、 楽ではありません。私の化粧品、洋服、なども買えず、最近は「化粧品が無いから買わなきゃ」 「洋服も穴が開いてるから買わなきゃ」などと 無いことを知らせても、お金をくれません。 一番酷いのは、今年中学入学の長女の制服代です。 一式 数万円し、とうてい私には不可能ですので、 カレンダーの横に金額が分かる注文書を 貼って置いた所、「こんなにスカートのサイズが 大きいのか?」と注文書を見て、 金額も見ているハズなのに、制服が仕上がったから 買いに行って来ると言っても、お金をくれずだったので、とりあえず事情を話し、実母のクレカで 分割支払いし、月に私が実母にお金を渡しています。 尚且つ、再婚してからも 長女の学費等も私が支払っています。 長女は私の連れ子なので、 私が責任を持つのは当たり前ですが、 この生活を続ける意味がないので、 離婚を考えております。 離婚の理由になりますでしょうか? 捕捉ですが、主人は社長でお金は無いワケではありません。自分では競馬場、スロットなど自由に しているので、何か段々 腹立たしくなって…。 私は洋服も化粧品も美容室も何一つ 出来ずなのに。義母にも話しましたが、 一切関知せずでした。 今まで私が負担したレシート、領収証などは 大半 取ってあるのですが、証拠の材料にはなりますでしょうか?長々とすみませんが、 どなたかご回答お願い致します。(続きを読む)

セックスレスの夫が、会社を辞めて愛人の家に入り浸っていた…【岡野あつこが語る!実録結婚奇譚】 – ダ・ヴィンチニュース
セックスレスの夫が、会社を辞めて愛人の家に入り浸っていた…【岡野あつこが語る!実録結婚奇譚】ダ・ヴィンチニュース2人はそれぞれの給料の中から必要な生活費を出し合い、貯金をし、残った分を自分の小遣いとして使っていたのですが、結婚して半年後、生活費が足りなくなっているということがたびたび起こるようになったのです。 ちなみに、 … 結局、泣く泣く離婚をすることになったK美さん。(続きを読む)

妻とは離婚、再婚を夢見た「不倫男」の末路…貢いだ相手女性にあっさりと捨てられて – ORICON NEWS
ORICON NEWS妻とは離婚、再婚を夢見た「不倫男」の末路…貢いだ相手女性にあっさりと捨てられてORICON NEWS生活費の援助についても、強制されたものではなく、交際相手に対する任意の援助なので、法律的には贈与に当たります。そして、贈与は、履行の終わった部分、つまり支払ってしまった金銭について、贈与の撤回や解除はできません。 不倫相手との間に認知をしていない子ども …and more »(続きを読む)