離婚する予定で別居中です。 私31歳、旦那31歳で結婚5年目です。子供はいません。 …
離婚する予定で別居中です。 私31歳、旦那31歳で結婚5年目です。子供はいません。 2ヶ月前に突然旦那に離婚したいと言われました。 理由は職場に好きな人ができたと…初めは離婚を拒みました が旦那に逆の立場であればどうする?と聞いたところ、相手の幸せを考えるなら別れる、と言われました。そんなこと言われてしまったらもう別れるしかないのかなと思い離婚しようと決めました。お互い親に報告していざ、離婚しようと思ってましたが旦那の親に引き止められました。その時は、収まったのですがその後私がやはり彼を信じることができなくなってしまったのと、その好きな人とは連絡を取らないと約束したにもかかわらず連絡を取っていました。相手の親にすぐ報告して、またその場は収まりました。ですが、その後ますます信用できなくなってしまっていた私は不安で旦那に仕事中でも連絡を何回もとってしまい、重いと言われてしまいました…(返事はくれます)好きな人ができたのはきっかけであって私に対しての不満は日々募っていたそうです。口に出したと言われましたが、普段から感情に波のない人なので真剣なのかどうかということについて気づくことができませんでした。そこは私が悪いと思ってます。もちろん私にも不満はありましたが、離婚したいとまでは思いませんでした。 結局、私との将来を考えることはできないと言われてしまい、家にいるのも辛くて実家に帰って来ました。 離婚届に記入はしたので、あとは向こうの親に証人欄に記載してもらって出せばいいだけなのですが、私が離婚届を出すって決めるタイミングで出すよ、と言われています。 向こうは離婚したいと思ってる上に用紙も持っているのに何なのでしょうか。。 気持ちがよくわかりません。。そういう私も毎日気持ちに波があって決断することができずにいます。 スパッと別れて次の道を歩むべきでしょうか?それともしばらく様子を見た方がいいでしょうか?(続きを読む)

離婚調停、裁判について。 夫の浮気が原因で別居をしています。 夫から離婚調停を…
離婚調停、裁判について。 夫の浮気が原因で別居をしています。 夫から離婚調停を起こされ、 調停が二回終わりました。 こちらは離婚するつもりはありません。 しかしこのまま調停が不発に 終わった場合 夫が裁判を起こしたら裁判となるのでしょうか? 夫は調停の段階で弁護士をつけており、 性格の不一致を理由に離婚したいと言っています。 私は夫の浮気の証拠は自白メールくらいしか持っていません。 裁判を起こされたら、こちらも弁護士をつけないていけませんよね? 浮気の証拠も裁判で証明できるようなものはないのでこちらが不利なんでしょうか。 裁判になる前に離婚も検討したほうがいいのでしょうか。 離婚したくないのですが、裁判となれば弁護士費用もかかるし、どうするのがいいのか悩んでいます。(続きを読む)

離婚裁判を起こされました。 決定的な離婚事由を作ったのは 夫の方ですがその前か…
離婚裁判を起こされました。 決定的な離婚事由を作ったのは 夫の方ですがその前からたしかに夫婦がうまくいっていなかったのも事実です。 わたしの体の都合で別居をしていたため 離婚話 をしていたこともあるため (それでも修復に向けてやっていました) 夫から一度離婚調停を起こしている事 (取り下げましたが) で彼の言う通り破綻と見なされる可能性が 高いそうです。 夫には彼女と彼女との子供もいます。 親や彼の職場の人も知っています。 私の子供には1年会っておらず2度と会う事もないそうです。 もちろん夫婦ですし私も産後言いすぎた所はありますが。 離婚していないうちに彼女や子供を作って 結果的に私と息子を裏切り傷つけたのに 裁判で破綻していたからとなってしまえば 夫は悪くないと言う事ですよね? それじゃまるで不倫は悪くないみたいで 裏切っていない私がばからしいです。 喧嘩はたくさんしてきましたが結婚したので 他の男の人なんて私は考えてもいませんでした。 裁判でそうでるなら 私が諦めるしかないですが 裏切った方が悪くないと言われるのは 納得いきません。 破綻していたら不倫していい理由てなんですか? 不倫なんてしなくても離婚してから彼女や子供を作れば誰も傷つかないのに。 私の考えはおかしいでしょうか。(続きを読む)

不倫相手の子を出産、「略奪婚」までにかかる時間…「パパ」が「夫」になる日は遠く – ORICON NEWS
ORICON NEWS不倫相手の子を出産、「略奪婚」までにかかる時間…「パパ」が「夫」になる日は遠くORICON NEWS調停、裁判となった場合、離婚はできるのでしょうか。 「結論から言いますと、男性は、妻が承諾しない限りは離婚できません」(理崎弁護士) … (1)夫婦の別居が相当の長期間に及んでいること、(2)夫婦間に未成熟子がいないこと、(3)離婚によって相手方配偶者が精神的、社会的、経済的に極めて苛酷な状況 …and more »(続きを読む)

解消されぬ無戸籍問題 民法改正の議論を早急に – 毎日新聞
解消されぬ無戸籍問題 民法改正の議論を早急に毎日新聞別居の実態や血縁の有無などを裁判所が適切に審理すればよい。裁判を通じて元夫に妻の住所を知られる懸念も、実務上の配慮で解消できる。 嫡出推定のルールは明治時代から変わっていない。戸籍のあり方にはさまざまな議論があるが、離婚や再婚が増えるなど家族の …(続きを読む)