熟年離婚に伴うの財産分与 結婚34年になります。 離婚を前提に別居しました。 33歳…
熟年離婚に伴うの財産分与 結婚34年になります。 離婚を前提に別居しました。 33歳の息子が一人(結婚後独立)います。 夫婦間は10年以上前から破綻していました。 昨年5月から光熱費以外の生活費は自分が働いた(勤続20年)お給料で賄い 家事は夫婦各自(自分の事は自分でする)で行なってきました。 別居のきっかけは同居の夫と姑に黙って4日間の旅行に行ったことで姑が激怒し 家事もしない何の役にも立たない嫁はいらないということで34年暮らした家を出ました。 いづれ離婚になるとは思いますが、私から離婚を求めるつもりは有りません。 住居は義父(16年前他界)から義母名義に、同じ敷地の工場部分は夫の名義にしたようです。 正式に離婚する前に私には主張すべき権利は何も無いのか確認したいのと どんな方法を取る事がベストなのかを教えて下さい。(続きを読む)

離婚した場合の財産分与ですが、相続税対策として親から生前贈与で年間110万ずつ自…
離婚した場合の財産分与ですが、相続税対策として親から生前贈与で年間110万ずつ自分の口座へと動かしていたお金が合計2000万近くあった場合、離婚する妻にもその財産は渡さなくてはいけないのでしょうか? 遺産が財産分与対象外というのは聞きましたが、終身保険の生存給付金として、保険会社を仲介して110万ずつ動かしていた分の財産は遺産扱いになるのでしょうか? 財産分与対象になりますか?(続きを読む)

離婚時の財産分与について詳しい方お願いします。 財産分与で夫が提示したもの以外…
離婚時の財産分与について詳しい方お願いします。 財産分与で夫が提示したもの以外に、申告してきていない通帳に現在300万ほど入っているのを見つけました。 その通帳の動きをみると、結婚時は100万ほど貯金があり、そ のあと一度0に近くなり、6年間の結婚中に出入金があり現在300万。 出金は家賃やカード支払いなどの生活費や子供の習い事の引き落とし、入金は給与賞与の他に、3年目くらいに親から300万受けとっておりました。 月々の貯金は毎月決まった額(10万ほど)を抜いて、別通帳に積み立て、そちらは財産分与で折半されています。 この場合今ある300万は親からの贈与分の300万として財産分与の対象にはならないのでしょうか。 【詳細】 お金の管理は全て夫で、この300万のある口座から毎月カード支払いとして家計等とは別で平均20万ほど引き落とされていました。内容はわかりません。何か買った様子はないのでおそらく飲食費だと思われます。 給料の残った分は主人の自由になっていました。 私は月2万円のお小遣いと自分の貯金から無駄遣いしないように暮らしていて、私名義の口座も結婚以降に増えたものに関しては僅かな額にはなりますが財産分与を申し出ています。 300万全額でないにしてもこちらも財産分与の対象にならないのかなぁと考えています。 以上の場合、300万親から受け取っていてお金の動きはあったとしても、それ以外のお金から使っていたということで、300万丸々財産分与の対象外ということになるのでしょうか。(続きを読む)

結婚その前に、夫婦の財産どうする? – ニフティニュース
ニフティニュース結婚その前に、夫婦の財産どうする?ニフティニュース名義がどちらか一方になっている場合でも、夫婦が協力して得た財産であれば、実質的に夫婦の共有財産(実質的共有財産)になります。また、もともとは夫婦一方の特有財産であっても、配偶者がその財産を増やすのに貢献している場合は、実質的共有財産になります。(続きを読む)