熟年離婚するならもっと若いときにした方が人生をやり直せるんじゃないんですか
熟年離婚するならもっと若いときにした方が人生をやり直せるんじゃないんですか(続きを読む)

「気持ちが離れた。」と嫁から言われ 離婚を迫られている者です。 私54才、妻43才…
「気持ちが離れた。」と嫁から言われ 離婚を迫られている者です。 私54才、妻43才、大学生、高校生の 長男と娘ふたり。 先日も相談して沢山の回答頂きました。 離婚の事を長男に長女に私か ら告げました。 それぞれ私と1対1の時に話しました。 普段からいつか離婚したいと子供には 漏らしていたようで青天の霹靂では なかったようです。 私は離婚したくないし妻が大好きで 家族と思っている事を伝えました。 ふたりとも泣いていました。 大学生の長女は黙って泣き通し 案として妻にはクルマで1時間弱の 実家で暮らしてもらい、 地元の友達もいるし、私と今の家で暮らす とのことでした。 一人暮らしの長男は妻に憤ってました。 実家が無くなるなんてあり得ないと。 母親に対する批判が続き ファミレスで私と4時間話しました。 「お母さんは君たち位の歳からお母さんを やってきて疲れてしまっている。 あまり悪く言うな。」 長男は妻の本気度を疑いながら 取り敢えず妻が実家で暮らす事に賛成。 妻の不倫まで疑ってました。 ちなみに高校生の次女には伝えてません。 妻に上記の内容を伝えました。子供らに まだ金の掛かる今、どちらがアパートを 借りても家賃もろもろ月10万は掛かる。 今の家を処分する費用、労力 現実的にムリではなくても無茶、無駄 「取り敢えず君が実家で暮らす」 妻はショックを受けているようでした。 娘達を学校の寮に入れる事を推していたのに 「私がここで子供と暮らす」と 言い出しました。 自分ももっと働くとか、娘を寮に入れようと したのはパパのほうだとか 可愛いらしかった妻の顔が このところ酷い顔付きに変わってます。 「暫くの間、環境変えたほうがいい。」 「月どれくらい稼げそうなの?」 「ワンパターンで狭い範囲の交流」 「自分を見つめ直してみたら?」 「3年後、5年後、10年後イメージしてる?」 「実家で暫く考えたほうがいい。」 とゆっくり優しく私は妻に言いました。 こういうのが良くないのかな? 上から目線ですよね。 妻は涙を流しながら 「結局、私が我慢すればいいんでしょ。」 私は 「それは駄目!こんな顔してる君を 俺は毎日見たくない。 取り敢えず実家に行ってほしい。 それから考えても遅くない。」 妻は 「実家でなんか暮らせない。」 妻は独りっ子、実家は裕福で一戸建て 充分部屋もあります。 義父母は仲良くまだ働いて元気です。 結局、妻は今のバレーボールを続けて その交友関係もそのまま維持したい (24時間、LINEで繋がってます) 家のローン、養育費は私が払い妻は 子供らと変わらず暮らしたい。 私だけ消えてほしい。 といったとこです。 話し合いは、そこで止まったままです。 長男は義父母に伝えるべきと言います。 私も義父母に伝えか迎えに来てもらう のもありかな、と思います。 「みんなが納得できるようにしよ。」 と昨日は言ってましたが とにかく妻もノイローゼになりそうで 可哀想で、どうしたら良いか、、、(続きを読む)

同居か離婚か、旦那に迫られています…。 初めまして。 私は都内住みの20代半ば 現…
同居か離婚か、旦那に迫られています…。 初めまして。 私は都内住みの20代半ば 現在は育休をとり0歳3ヶ月の娘のお世話をしております。 恥ずかしながら授かり婚で、22歳の旦那がいるので すが、彼が来年より義実家への同居を勝手に決めてしまいました。 義実家は北関東のど田舎なのですが、やはり長男教というものがあるのか…いずれはこちらに来てほしい、と交際中から旦那は言っておりましたがまさかこんなに早くにとは。 理由としては ・実家を継がなければならない(といっても家業があるわけではなく家をひきつがなければいけないらしい) ・経済的に都内で子供を育てるのは難しい ・親に孫の面倒をみてもらってお前が働きに出れる。 などらしいのですが、どうしても私にメリットが感じられません。義両親はいい人たちなのですが気をつかうので同居は厳しいです。 そのことを旦那に伝えると、何故か不機嫌になり、 「こんなに拒否されるのがショック。親が可哀想。それなら地元の女と結婚すればよかった。」とも言われ心身ともにズタボロです。 同居するか、しないなら離婚するしかないといわれ滅入っています。子供のためにも離婚は避けたいのですが、ここは私が我慢するしかないのでしょうか?(続きを読む)

2児の母、篠原涼子のプライベートに異変? – アエラドット 朝日新聞出版
アエラドット 朝日新聞出版2児の母、篠原涼子のプライベートに異変?アエラドット 朝日新聞出版篠原さんに関しては、去年くらいから自宅近くのバーなどで深夜まで飲んでいるといった情報や今年に入ってマネジャーとは別に若い男性の付き人を雇ったといった噂を耳にしたりもしていました。会見など … 突然降ってわいた篠原の離婚危機報道だが、果たして真相やいかに!(続きを読む)

赤ちゃんの検診から離婚の相談まで。家族のことは「ネウボラおばさん」に任せよう – ハフィントンポスト
ハフィントンポスト赤ちゃんの検診から離婚の相談まで。家族のことは「ネウボラおばさん」に任せようハフィントンポストARISA IDO 若い人でも「ネウボラおばさん」と呼ばれている。日本で呼ばれる「おばさん」のように、ネガティブな意味はまったくなく、むしろ若いことを馬鹿にされないため、ポジティブに捉えられている. 「子どもが生まれた後の夫婦生活も相談できますよ。もちろん、離婚の相談も」と、 …(続きを読む)