先日、離婚届を提出し、離婚しました。 原因は性格の不一致です。 元嫁は常識的な…
先日、離婚届を提出し、離婚しました。 原因は性格の不一致です。 元嫁は常識的な話が通じないため、離婚を拒否したり、ゴネたりする可能性があったため、ある程度円満な方向で話し合いをして、向こうの合意を得て、先に離婚届を提出しました。娘が1人いるのですが、親権は元嫁になります。 養育費の支払いや、子どもとの面会の話は詰めてあります。公正証書を作る予定ではいます。 あくまで相手の態度次第ですが。 私の親が住んでいた親名義の家に、私と元嫁と娘で住んでいまして、元嫁と娘が出て行くことになりました。 離婚後も新しい住まいが見つかるまでは、嫁も娘もこの家にいていいということにしています。 離婚届を出すまでの間にも、話し合いがこじれると嫁は何度も「出て行く」と言ってきたのですが、「出て行きたいなら出ていけばいいよ」と言うと、1歳の娘に向かって「じゃあ今日からは野宿だね」などと言い、車で一晩を過ごそうとして、娘が泣き止まないので帰ってきました。 子どもがかわいそうですし、元嫁も仕事をしているので、本当は一緒に生活したくはないですが、情もありますし、引っ越しするまではいてもいいということにしました。 ただ、家にいる間は、子どもと普通に接しさせてほしいと伝え、向こうも了承しました。 しかし、離婚届を提出後、子どもの顔を見に行くとあからさまに嫌そうな顔をしたり、子どもがこっちに歩いてこようとすると遠ざけたりします。 そのあと、子どもと関わらないでほしいとか、結婚生活中の文句のメールを送ってきます。 自分としては親切心で、引っ越しまでの間は同居をすることにしましたが、あまりにも向こうの態度や発言がひどく、精神的に参っています。 子どものことがあるので、出て行けと言うつもりはありません。 何か対処はできるのでしょうか? また、こうした方がいいといったアドバイスがもらえるとありがたいです。(続きを読む)

大好きな夫に不倫され離婚した方に質問です。元夫の事は忘れることができましたか…
大好きな夫に不倫され離婚した方に質問です。元夫の事は忘れることができましたか。 私の夫は2年前まで2年間不倫していました。しかも途中で不倫が分かり、反省した、もうしない、と言った後 も続けてのトータル2年です。 夫の謝罪と説得により、再構築を頑張ってみようと思いましたが、2年たった今でも毎日辛い思い出が消えません。 夫には、私が無理だと思ったら離婚するからと2年前に伝えていて、離婚しようと思います。現在3歳と2歳の子供がいますが、この2年間よく考えての決断です。 最後の不安要素が、離婚したら第二の人生と気持ちを切り替えられるのかどうかということです。 夫の事を忘れられず辛いという意見を聞いても離婚する意志は固まってます。ただ、離婚しても辛いこともある、と心の準備をしておきたいのです。 よろしくお願いします。(続きを読む)

【1歳の子供との面会交流について】 現在、離婚調停および婚姻費用調停中です。 私…
【1歳の子供との面会交流について】 現在、離婚調停および婚姻費用調停中です。 私:27歳、5月末に退職、申立人。現在実家で両親と生活。 夫:28歳、5月に海外赴任。 赴任期間は2年で帰国 は年1〜2回。 娘:1歳9ヶ月 面会交流の条件で揉めています。 向こうの要求は ・養育費および婚姻費用は算定表通りしか払わない。 ・面会交流は帰国時4日以上、自分の実家(私の家から新幹線で3時間)で滞在させる。 ・その他週1回はテレビ電話および適宜メールにて近況報告 というものです。 お金は算定表通りで構わないのですが、面会交流はまだ娘が1歳で夜私と以外寝付かないため、宿泊での面会に抵抗があります。 また、義父母は妊娠した際中絶を勧めた、かつ離婚騒動の際もかなり最悪な人格が露呈したため、父親には仕方なくあわせても義父母には絶対に会わせたくありません。私の悪口も陰で言うような人達です。 調停員からは「会わせないのを条件に盛り込むのは難しいので、現実的な条件を考えてきて」と言われているのですが、1歳の子の面会交流頻度および方法はどのようなものがスタンダードになりますか? 個人的には私の住んでる最寄駅で引き渡しをし、1日3〜4時間かなと思っています。 また、最近発覚したのですが向こうが着信拒否しているようです。 娘に万が一のことがあったとしてもどうでもいいことの表れで、親としての義務を放棄しているようにも思うのですが、これでも面会させなきゃいけないでしょうか? 実際面会交流が始まったとしても、向こうに新しい家族ができたら娘との面会交流は拒否しだしそうで、娘が悲しむのではないかと心配しています。 調停前で文がうまくまとまっておらず申し訳ありませんが、アドバイス頂けたら幸いです。(続きを読む)

半世紀前の恋が忘れられない相談者に、鴻上尚史「やることはきまってるじゃないの…」 – アエラドット 朝日新聞出版
アエラドット 朝日新聞出版半世紀前の恋が忘れられない相談者に、鴻上尚史「やることはきまってるじゃないの…」アエラドット 朝日新聞出版半世紀前の恋が忘れられない相談者に、鴻上尚史「やることはきまってるじゃないの…」 … 私は時間が経てば忘れるだろうと思っていましたが、その後、どんな恋愛をしても、あまつさえ結婚しても、そのKちゃんの時に感じた感覚を身体が覚えていて、比較してしまう半生でした。(続きを読む)

This RSS feed URL is deprecated
This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news(続きを読む)