離婚問題に関する弁護士についてです。 別居中の妻から弁護士から手紙が行くとの連…
離婚問題に関する弁護士についてです。 別居中の妻から弁護士から手紙が行くとの連絡があり、今後一切直接連絡をしないようにとの連絡がありました。 これは妻が弁護士を雇い、着手金を支払っ た状態にあるということでしょうか? それとも相談をしただけの状態でしょうか? 着手金を支払った状態でしたら私も弁護士に相談から始め、雇う準備を進めようと考えております。しかし、余計な費用を掛けたくないのが本音です。 妻側から離婚を切り出され、離婚理由に全く納得がいかないので離婚には反対である私としては、離婚するなら今まで妻から受けたDV(噛み付き、殴打、蹴り等)など慰謝料を払ってもらう妥協案を出しましたが協議では収まらず調停に移る最中でした。 離婚しません。離婚するなら慰謝料で解決します。このスタンスで後々問題等発生は予想出来ますでしょうか?(続きを読む)

不倫により離婚しました。弁護士を通さず慰謝料請求するのは厳しいでしょうか。 不…
不倫により離婚しました。弁護士を通さず慰謝料請求するのは厳しいでしょうか。 不倫発覚4ヶ月目で旦那とは離婚しました。 決定的な物的証拠はありませんが、相手の不倫女との電話のやり取 りで、慰謝料請求はしないからすべて話してほしい、と言って肉体関係を持っていた肉声のビデオの録画は証拠としてあります。 その他、付き合っていた頃のラブレター等はありますが弱いので使えないと思います。 ちなみに、離婚後、2か月経たずに自然消滅したみたいで、復縁予定です。 なので、なるべく旦那にバレずに相手に離婚中のこの期間に請求したいのです。 金額はできれば100万ほど。 不倫女の家族は準公人の父親がいるので、絶対にばらされたくないみたいです。 ケチらず弁護士に頼むのが一番だとはわかってますが、いい案があればご教授いただきたいです。(続きを読む)

離婚弁護士費用として230万円請求されました。 離婚の弁護士費用のことで質問です…
離婚弁護士費用として230万円請求されました。 離婚の弁護士費用のことで質問です。 前夫から離婚調停を申し立てられ、知り合いの弁護士に向こうが弁護士を立てている以上、こちらも立てない と厳しいかもという助言を受け知り合いに依頼しました。 着手金は10万円です。 私に不貞や暴力などはなく、子ども2人と私をおいて一方的に出て行き、婚姻費用の未払いのまま調停を申し立てられました。 第一回調停を迎えるにあたり、私からは婚姻費用の支払いを申し立て、調停の間の約半年、婚姻費用は毎月60,000円支払われました。 調停での決定事項は以下の通りです。 面会は前夫の希望通り月に一度。 養育費毎月50000円。 婚姻前に前夫に貸していた100万円の返済。 前夫名義の住宅に、前夫名義の住宅ローン、固定資産税を私が負担して10年住むこと。 10年以内に専業主婦だった私がローンを組めるよう収入をあげ、ローンを引き継げるようになったら名義を変更するが、出来なければ売却。 慰謝料なし です。 前夫の裏切りや女性問題の影もあり、慰謝料を請求したいくらいでしたが、弁護士に諦めるよういわれなくなく断念しました。 知り合いの弁護士ということや、ネット情報などで請求は60万円くらいだと思っていたところ、高額な請求に夜も眠れません。 この請求は妥当でしょうか。 弁護士には本来ならば300万から500万円だから破格での請求だと言われました。 よろしくお願いいたします。(続きを読む)

3度の離婚、4度目は「事実婚」で 女性弁護士が語る「婚姻届を出さないからこそ生まれる絆」 – 弁護士ドットコム
弁護士ドットコム3度の離婚、4度目は「事実婚」で 女性弁護士が語る「婚姻届を出さないからこそ生まれる絆」弁護士ドットコムブロガーで作家のはあちゅうさんが7月15日、自身のツイッターでAV男優のしみけんさんと事実婚の手続きを取ったと発表し、事実婚への関心が集まっています。 離婚や男女問題に注力している原口未緒弁護士は、3度の離婚を経験し、3年ほど前に4度目の結婚として事実婚を選 …and more »(続きを読む)

アンジェリーナ・ジョリー、ブラピとの離婚争議中に弁護士を交代 – ニフティニュース
ニフティニュースアンジェリーナ・ジョリー、ブラピとの離婚争議中に弁護士を交代ニフティニュースE!Onlineによると、これまで雇っていた離婚協議専門の敏腕弁護士ローラ・ワッサーと決別し、サマンサ・ブレイ・デジーン(Samantha Bley DeJean)を迎え入れたという。 アンジェリーナの代理人が声明を出しており、アンジェリーナがデジーン氏を選んだ理由を「サマンサの専門 …アンジェリーナ・ジョリー、ブラピとの離婚争議中に弁護士を交代 …BIGLOBEニュースall 2 news articles »(続きを読む)