教会で挙げる結婚式についてのちょっとした疑問 最近よく、教会での挙式スタイルを…
教会で挙げる結婚式についてのちょっとした疑問 最近よく、教会での挙式スタイルをみかけますが、 最初に花嫁さんが実父と腕をくんで、赤絨毯を後方から歩いてきますよね。 もし、花嫁が片親(母のみ)だった場合、誰が代役になるんでしょうか? もしくは、花嫁が片親の場合、教会スタイルは選ばないのでしょうか?(続きを読む)

私は両親がいません。大学生19歳の女です。 父は小学校に上がる前、母は高校の時亡…
私は両親がいません。大学生19歳の女です。 父は小学校に上がる前、母は高校の時亡くなりました。今でもたまに辛くなりますが、普通に生活しています。 でも、どこまで友達に打ち明けたらいいのか悩むんです。 当たり前ですが、会った人は皆両親がいることを前提で話してきます。「親は仕事なにしてるの?」とか。 その度に適当に答えてますが、嘘ついてることになるので苦しいです。本当に仲の良い友人には打ち明けてますが、新しく仲良くなった人にはいつ言えばいいのか、言わない方が良いのか分かりません。私はただ両親がいないという事実を伝えたいだけなのに、同情を引いてると思われたり、すごく驚かれて奇異の目で見られたりするとうんざりしてしまいます。 この先いつか結婚するときにも、普通は彼氏が親に挨拶したり結婚式で親と一緒にヴァージンロードを歩いたりする過程があるのに自分にはないんだと思うと悲しくなります。それに、男の人にとって両親がいない女性というのはどういう風に映るのか気になります。両親の死、特に母の死は今の自分の性格にも大きく影響を与えていて、表には決して出しませんが暗い気持ちになることが多々あります。 もう私には、両親がいて普通に育ってきた人達の感覚が分からなくなってきているのでここに質問させてもらいました。回答宜しくお願いします。(続きを読む)

離婚した前夫の結婚式参列について 娘が2歳の時に別居し、6歳の時に離婚しました…
離婚した前夫の結婚式参列について 娘が2歳の時に別居し、6歳の時に離婚しました。 その娘が今年結婚することになり、今前夫がが結婚式・披露宴に参加する 方向で話が進んでいます。 理由は娘が「ヴァージンロードを独りで歩きたくない」「新郎側に恥をさらしたくない」 というものです。 もちろん、離婚したことは了解済みです。 娘には離婚したことを話したのは中学1年の時で、前夫と会うようになったのは 高校が私立で保証人が必要になったからです。 印鑑だけもらうのも気が引けて、それ以来年1回ほど会うようになりました。 離婚原因は性格の不一致ということで協議離婚です。 言い出したのは前夫です。 何年も会わず、離婚するときに「俺の人生から消えてくれ」と言った前夫が 正直結婚式や披露宴に出席するのはいたたまれません。 もう、こんなに時間がたっているのに、今回のことで忘れていた過去のわだかまりが よみがえってきました。 自分の気持ちにも驚いていますが、苦労して育ててきた娘の気持ちにもショックを 受けました。 裏切られた気持ちがします。 今更、捨てた子供の結婚式にサラッと出てくる前夫の無神経さにも呆れます。 アウェイなので、自分の友達も呼びたいとかリクエストまでしてきます。 さすがに、離婚を後押しした前夫のご両親には参列はご遠慮していただきました。 今の私の気持ちは、娘の一生に一度の晴れ舞台ならば、式だけは前夫に 手を引いてもらって登場する形式ならばグッとこらえて、式だけの参加は 認めようと思いますが、披露宴や親族写真まで図々しく参加されるのは 我慢できない、というものです。 もし、そうしたいのなら、私が披露宴を不参加にし、披露宴の代金も前夫時 払ってもらって当然だと感じてしまいます。 おめでたい事に、両親の確執が再浮上し、娘には申し訳ない気もするのですが 譲れない私なりの心情もあり、葛藤中です。 私の気持ちを話してはありますが、娘は「ママが折れて」と言い、またそうなると 信じています。 なぜ、今更前夫がしゃしゃり出てくるのか、それが許されるのか、納得が いきません。 前夫は、再婚しようとしましたができず、歳もとり娘が可愛くなったようです。 過去の自分の選択をとうして、引っ込んでいて欲しいのですが、状況は 前夫を必要とし、育てた私は日陰の身です。 この状況を皆様はどう思われますでしょうか? やはり、私が我慢することでまるくおさまるのならそうすべきでしょうか? ご意見お聞かせください。(続きを読む)

親の離婚、同居人も名字も何度も変わった……なのに不幸じゃない。読むだけで穏やかになれる『そして、バトンは渡された』 – ダ・ヴィンチニュース
ダ・ヴィンチニュース親の離婚、同居人も名字も何度も変わった……なのに不幸じゃない。読むだけで穏やかになれる『そして、バトンは渡された』ダ・ヴィンチニュース結婚式の際、教会の聖堂で花嫁とその父親が腕を組んで中央の道を歩き、正面に待つ花婿に彼女を託す――いわゆる「ヴァージンロード」歩行。これをすると父親は、花婿に娘を託してようやく自分の役目を終えたような気持ちになり、心底ほっとするとともにこの上ない寂しさを …and more »(続きを読む)