離婚調停期間中に第三者に相手の不利になるような事を言いふらかしていると調停で…
離婚調停期間中に第三者に相手の不利になるような事を言いふらかしていると調停で損になりますか? 1回目の調停が終わり次の調停までの間の事です。 相手側が離婚したくない場合、相手側が 申し立て人の悪口や不利な事など (本当にあった事を過大にして話したり、 和解した話をまたほじくり返して話したり) を仲人や申し立て人の身内などに 言って回った場合、次の調停でこの様な事は 相手側には調停員の印象が悪くなったり、 内容によっては損になりますか?(続きを読む)

離婚調停を経て別居中の妻と離婚したいです。別居期間は3年2ヶ月を越えたところ…
離婚調停を経て別居中の妻と離婚したいです。別居期間は3年2ヶ月を越えたところです。調停では妻が専業主婦だった為あまりに一方的な要求をこちらが了承しないと妻が離婚しないと主張し別居という事で今に至ります 。 それから状況も変わり、妻も契約社員とはいえ収入もあります。裁判を起こせばある程度公平な条件で離婚できるでしょうか?一番の財産は戸建の自宅で処分すればローンと相殺しても500万くらいはプラスとなるのですが、子供もいることもあり、妻は自宅に住み続けたいと主張しています。(続きを読む)

離婚調停中なのですが、4回目終了後、話がまとまりません。 ※調停自体は婚費の請…
離婚調停中なのですが、4回目終了後、話がまとまりません。 ※調停自体は婚費の請求です。 現在、婚費を月40,000円支払っております。 結婚期間は約10ヶ月で、1歳の子が一人います。その娘 は母親と生活しています。 原因は生活の不一致です。 条件としては ① 養育費を3万円~3万5千程度に抑えたい(私の所得からは養育費算定表からだと2万円程度になってしまうが) ② 20歳まででなく18歳までにしたい ③ 月に一度面会をしたい。 といったところです。 今は別居後、半年過ぎました。婚姻期間が1年満たないこと、付き合ってる時は気づかなかったのですが、相手が浪費癖と、健康なのに将来的にも働く意志が全く無いので、早めに別れた方が良いと思ってます。毎日、友達と遊んでいる状態でした。 子供が不憫なのが唯一の心残りです。離婚には2人とも納得をしています。要は条件を詰める状態です。 先月、調停員の設定した面会日も約束を守らずに、すっぽかしを喰らいました。 まあ、お互い、信頼も一切なくなったので、仕方ないかなと思ったのですが、とにかく約束を守りません。 そこで質問ですが、 1 面会の約束を守らない場合、養育費を減額するとかの一文を入れることは可能でしょうか? とにかく約束を守らないので、彼女は調停員の前だけで、面会を守ると言って、後で連絡をせずにすっぽかすのは目に見えているからです。 2 40,000円を養育費として要求しているのですが、本来は気持ちで40,000円を承諾しようとしたのですが、上記のように信用ならないので、養育費算定表に基いて計算してもらいたいと主張出来ますか?多分2万円程度になると思います。またそうなった場合、面会が難しくなると想定できま。子供の面会を諦めたら可能だとは思いますが…何か良い方法ありますか? 3 婚費の振込が少しでも遅れたら大騒ぎする人なのですが、とにかく電話にもでないので、本人が面会させるといっても信用出来ません。つまり婚費や養育費が遅れたら、すぐに裁判所に申し立てをしてくるのが容易に想像できます。私も面会出来ないなら、裁判所に申し立てると思いますが、何か対処方法ありますか? とにかく、肝心の2人に信頼関係が皆無なので、調停員のいる間に見通しをつけたいと思ってます。それではよろしくお願いします(続きを読む)

船越英一郎が松居一代に申し立てた“離婚調停”とは?裁判の流れ・期間 – All About NEWS
All About NEWS船越英一郎が松居一代に申し立てた“離婚調停”とは?裁判の流れ・期間All About NEWS松居一代さんと船越英一郎さんの離婚騒動が注目されています。特に松居さんの様々な言動に注目が集まっているようで、最高裁まで争う等と宣言しているとのこと。そこで、いわゆる離婚裁判はどういったものか、基本的な点を確認したいと思います。(続きを読む)

熟年離婚、過酷な現実…年金半額で月5万の例も、高齢期に孤独な生活 – Business Journal
Business Journal熟年離婚、過酷な現実…年金半額で月5万の例も、高齢期に孤独な生活Business Journal一時期減少に転じていた離婚件数は、直近では再び少しずつ増える傾向にあるようです。長年連れ添った夫婦が離婚をするというのは、普通に考えるとあまり幸せなこととは言えないでしょうが、それでも互いのこれからの人生にとってプラスになるのであれば、そういう選択をする …(続きを読む)