離婚後15年経ち、共有名義であった自宅を財産分与で、私の名義にするとき、元夫、…
離婚後15年経ち、共有名義であった自宅を財産分与で、私の名義にするとき、元夫、私には、どのような税金がかかりますか? 持ち分は元夫が3分の2.私が3分の1です。 また購入当時、3千万くら いだったのですが、かかるとすれば、税金はいくらくらいでしょうか?(続きを読む)

財産分与とそれにかかる税金等について教えて下さい。 両親が離婚をしていて別れた…
財産分与とそれにかかる税金等について教えて下さい。 両親が離婚をしていて別れた父親から現在居住中の自宅(現在、母と私の二人居住)名義を私にしたいと言ってきました。 (ローンが完済したからだそうです) ちなみに、現在の自宅名義は父と母の共有名義だそうです。 方法は遺言状による遺贈である、と聞きました。 この場合、①私へ全部相続する事は可能なのでしょうか?確か、現在父には新しい奥さんがいるのでその人も相続人となる訳だから遺留分があるハズ。(と調べたのですが) ②仮に自宅の評価が3000万として父の総資産(全相続額)が3000万のみで相続人が私と新しい奥さんだけだとしたら遺留分も考えて相続税はどうなりますか? ③現在共有名義者である母へ生前に離婚時の質権設定の為名義変更が現在へと遅延した、と言う理由にすると贈与税等もかからず全て母になり今のまま安心して居住していけると聞いたのですが本当でしょうか? 何個も質問をして申し訳ありませんが、母が父から脅迫をされて苦悩し寝込んでしまっている姿を見続けるのはもうイヤなので何とか助けてあげたいです。 今のまま穏やかに母と二人で生きていけるようにどうか皆さんのお知恵を下さい。 よろしくお願いします。(続きを読む)

離婚したときの、財産分与とそれに絡む質問です。 調停から最高裁まで終わり離婚は…
離婚したときの、財産分与とそれに絡む質問です。 調停から最高裁まで終わり離婚はできました。判決の中には親権と養育費は決まっていますが、財産分与のことは一言も書いてありません。私は弁護士を頼みましたが、弁護士は一言もそのことを入れようと言ってきませんでした。離婚は私が申し立て、家裁高裁は離婚としたものの、相手方が控訴上告しました。離婚理由は相手方からの言葉の暴力、子供への虐待なので不倫とかではありません。 精神的被害は訴えましたが、慰謝料は認められませんでした。 この場合、相手方は、改めて財産分与を言ってくるのでしょうか。それは、どういう場合に返事をしなければいけないのでしょうか? ちなみに、この相手方は、先日結婚後共働きになり相手方は家事をかなりするようになったため、収入が減った分の金を返せと言って来ました(総額6000万)。裁判所からの文書ではないので、払っていません。 当時の状況を説明すると、 結婚後私はフルタイムで仕事を続け、相手は自営で、共有口座などは作らず、私が教育費、家のローン、水道代を払い、相手は食費、電気代を主に払い、携帯電話は個別でした。 確かに私が外で働き、しかも職場も相手方より遠いため、保育園送迎の割合は相手方七割位でしたし、平日の夜の食事作り等は相手方がやりましたが、私は朝の食事作りや洗濯、子供の学校行事、土日の家事や子供の相手はやっていました。土日は相手は仕事だったり昼寝だったりしましたが、それこそ役割分担と考えていました。相手にもこの分の家事はやってほしいとか、言ってやってもらいもしましたが、子供が学校に上がるタイミングで学童保育を相手は嫌がり自分の仕事を調節すると言っていました。 また、相手は自分の知り合いの介護をするために自分の仕事を縮小していました。 私は給与なので所得はまったく隠しようがなく、相手は自営なので離婚前数年は営業はゼロ申告だったようです。 婚姻中相手は私に借金もしましたが返してもらっていません(家でネットで株をやり損をしたようです)。 女性が専業主婦で、財産分与の話はこの知恵袋でもそういう話はよくありますので、考え方はわからなくもないですが、共有財産の分与いがいに、減収の補填なんてあるんでしょうか?共有財産としては、恐らく預貯金と家、相手に借金があればそれもでしょうか? また、一般的に相手のやっていた家事の内容で主夫っていうんでしょうか?共働きならこの程度の役割分担は普通かと思っていました。主夫だったら、共働きでの保育園の認定って、いったいなんだったんでしょうか?女性は働いていてももれなく家事はついてきても、主婦とは言わないですよね? 6000万の減収保障なんて、税金もかからないんですかね? 相手の言い分は疑問だらけです。(続きを読む)

はあちゅう事実婚で考える、事実婚のメリット・デメリット 「免許とか書類とか変更がないから楽」「なぜ籍を入れないのか周囲に聞かれる」 – BLOGOS
BLOGOSはあちゅう事実婚で考える、事実婚のメリット・デメリット 「免許とか書類とか変更がないから楽」「なぜ籍を入れないのか周囲に聞かれる」BLOGOS税金面では、財産分与に贈与税がかかる可能性があり、相続税の控除や配偶者控除はありません。 しかし、「何の権利もない」「扶養に入れない」といった書き込みは誤解で、事実婚でも扶養に入ることは可能ですし、離婚時には年金の分割もされます。浮気をされれば慰謝料の …and more »(続きを読む)

夫婦関係の俗説「離婚よりも死別の方が金銭的にお得」は本当か? 徹底シミュレーション – ORICON NEWS
ORICON NEWS夫婦関係の俗説「離婚よりも死別の方が金銭的にお得」は本当か? 徹底シミュレーションORICON NEWS離婚する場合に、妻には財産分与や養育費(場合によっては慰謝料)などでお金が入ってくることがありますが、一方で夫が亡くなった場合には、妻は遺産相続に加えて、死亡保険金や遺族年金をもらうこともできます。 果たして、夫と … ただし、金額が多過ぎる場合や、贈与税・相続税を免れるために行ったと認めら …and more »(続きを読む)