義両親との対応について、どうしても体が拒否反応を示してしまうのです。3年ほど…
義両親との対応について、どうしても体が拒否反応を示してしまうのです。3年ほど前の経緯は過去質にあります。弁護士にお世話になり、現在は普通の生活ができています。 しかし、3年前に離婚させようとした義両親との対応が未だに回復できないでいます。弁護士との相談で、解決後の半年は交流を一切しないようにしました。その後は妻は私のいないとき関与しないときに義実家に行っています。 でも、私自身は例えば電話をかけようとしても震えと動悸と頭痛が収まらず、訪問時にも同席できないでいます。怒りと子どもをさらわれる恐怖心が押さえられないのです。 このようなとき、例えば身内の不幸などがあった場合、心療の不調があるので訪問できないということは許されるものなのでしょうか。(続きを読む)

義両親(70代)の離婚、裁判について。 母が突然父と離婚したいといい出しました。…
義両親(70代)の離婚、裁判について。 母が突然父と離婚したいといい出しました。離婚、裁判に詳しい方にお聞きしたいです。 まず、義両親のことを書きます。 10年前に別居 その時母 は父にもう一生会わないと約束をさせ、母の連絡先住まい等調べない、聞かないなど約束させ、父は了承。 別居の理由は全て父(若い時の不倫、別居する前に母に対してある裏切りをした) 父は母にお金を渡す(リフォームした際現金一括で支払い母が出した分の金額をそのまま母に返した)※母はリフォームした家に半年住んでいた 別居後、母が一人暮らしをするための家賃を5万毎月父が出している。 ここまでの事柄は息子2人が話し合いをさせお互い納得したものです。 別居し10年が経ち、突然母が父と離婚したいと言ってきました。 離婚したいと言い出した同じ時期には母の姉が亡くなりました。3年ほど前から母は姉の旦那と一緒に姉の介護をしていたようです。 姉が亡くなったことを知った父は、姉の旦那と浮気をしていると勘ぐり、離婚するなら裁判を起こして、慰謝料をもらうと言い出しました。 離婚について、母は別居するときにもらったお金は全額返すと言っています。 父は裁判に向けて母の身辺調査を依頼するようです。 おそらくですが、父の勘ぐりは正しいのではと見ています。 身辺調査、裁判をやめさせるように義兄に頼まれた主人は言ってもやめないし、息子2人して母の味方になってると思い余計、厄介になるといい、静観しています。 正直関わりたくないと言うのが本音のようです。 そこで、もし身辺調査をして母が浮気をしていた場合、母は父に慰謝料を払う義務が発生するのか? 夫婦関係がすでに破綻している場合、浮気不倫には当たらないと聞いたことがあります。 別居理由は全て父にあると冒頭で書いた通りですが、不倫した時も3年ほど母は家を出ています。戻ってからも度重なる暴力があったとのこと、その現場を息子2人は見て知っています。リフォームした後もある裏切りで家を出て行こうとした母に対し父は監禁のようなことをしていました。母は一緒にいたら殺されると一時期パニックになり息子2人が間に入り父を説得させ別居させました。 別居させることが精一杯で離婚届までは無理でした。 もし裁判を起こすとなった場合、離婚ができるのか、母が慰謝料を支払うのか、勝ち負けがあるならどちらが勝つのか教えてください。 こう言う経験をした方のご意見なども聞けたらと思います。 よろしくお願いします。(続きを読む)

義両親との同居が辛くて離婚を考えてしまいます。主人は結婚の条件が義両親との同…
義両親との同居が辛くて離婚を考えてしまいます。主人は結婚の条件が義両親との同居だと言い張り、別居は考えてくれません。このまま我慢して同居し続けて良いことはあるのでしょうか?(続きを読む)

義父母の実家への帰省を拒否…離婚事由になりえる? – ニフティニュース
ニフティニュース義父母の実家への帰省を拒否…離婚事由になりえる?ニフティニュース年末年始休み、義父母の家に顔を出したという既婚者の方は多いのではないでしょうか。戸籍上は親子でも、やはり所詮は他人であるだけに、「行くのが苦痛で仕方ない」と感じる人も少なくないようです。 場合によっては、「気を遣いたくない」と、行くことを拒否している人もいるよう。and more »(続きを読む)

【法律相談】憧れの自宅サロン開業!しかし、手癖が悪い受講生がおり、どうすればいいの? – ニコニコニュース
ニコニコニュース【法律相談】憧れの自宅サロン開業!しかし、手癖が悪い受講生がおり、どうすればいいの?ニコニコニュースサロンは夫の実家が建ててくれた二世帯住宅なのですが、1階に住んでいた夫の両親が地方に移住してしまったので、空き家になってしまい、義両親に家賃を払う形で借りています。 この家はとても“ … スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。(続きを読む)