離婚での財産分与について。 家を出るのは旦那、2人の子供は私が親権を取る予定で…
離婚での財産分与について。 家を出るのは旦那、2人の子供は私が親権を取る予定です。 築4年のマイホーム、土地は私の父が父名義で建ててくれローン無し。私は今の家に住み続け、ゆくゆくは 父から相続される予定です。 旦那は自分だけ体1つで追い出されて納得がいかないと分与も折半は割に合わないだの、隠し口座あるだろ?など理不尽な言い方ばかりで前に進まず、そんな中、新車を何の相談もなく生活費から購入していました。家を建ててもらったあと、庭に180万程使いタイルや芝 や植木をしましたのがお互い様という言い分のようです。 ちなみに車は350万程。離婚協議の最中、突然新車に買い替えたこと、黙って生活費を使い込まれた事などに怒りしかないです。 分与の際、車の現金分は財産から差し引きたいですが、旦那は家にかかった庭の費用なども同じように私のものとして差し引けといいますが、私は同等とは、納得がいきませんが旦那の主張は、理にかなっているもの、なのでしょうか? また、性格の不一致が1番の理由ですが、何かある度にお前は最低だの、御飯だけ作って家事した気になるな、だの、お前の人生をめちゃくちゃにしてやるだの、恥さらしだの…もう家族としての暖かなものをこの人とは築けないと決断したからです。お互い合わない故の離婚ながら、俺が追い出されるとか、被害者意識しかないので折半?ふざけんな!という旦那ですが、私にも2人の子供をこれから見ていくためにお金は必要なので金で解決するなら、という気持ちもありつつ、蓄えがある程度ないと不安です。 不貞行為などもないのに折半以上を払わなければならないのでしょうか。(続きを読む)

財産分与放棄について。 離婚協議中です。別居理由は旦那の不倫です。新築の家があ…
財産分与放棄について。 離婚協議中です。別居理由は旦那の不倫です。新築の家があり、住宅ローンの名義は旦那のみです。私が家を出て行きます。 住宅ローンの返済に関与したくない為、そのほかの財産(貯金、車など)はすべて旦那に渡すので、財産分与を放棄したいという主張は、常識はずれでしょうか?(続きを読む)

離婚する場合の財産分与について。 家のローンがまだ残っています。家を買ってから…
離婚する場合の財産分与について。 家のローンがまだ残っています。家を買ってから四年ほどです。三十五年ローンなのでまだまだ残りがありますが、このまま旦那と頑張っていく気にはなれませ ん。 そこで質問なのですが、ローンの名義も家の名義も旦那です。ネットで調べると両方あるのですが、実際はどちらでしょうか? 1、夫婦の共有財産のため、借金も半分になる。 2、名義が旦那一人なので旦那が払っていく。 どちらが正しいのでしょうか? また、今まで小遣いとして月三万、ボーナス時はプラス二万渡してきています。それ以外にギャンブルでの借金がカード会社に有ります。家計費から、ギャンブルへの持ち出しは100万以上有ります。 給料は月によって変わりますが大体24万から30万の間です。旦那の給料から基本の生活費を出しています。 私の給料は20万ほど。私の小遣いも、同じ三万です。 旦那はそれ以外にバイトをしていて教えないのでわかりませんが大体一万五千円から三万ほどあるかもしれません。 バイト代は全て自分のお金として使っています。それでも足りなくて、生活費の中から要求していきます。 今まで、バイト代は本人の物だと思っていたので何も言わなかったのですが、離婚の際、今まで黙認してきたバイト代は離婚の際の財産分与に足されるのでしょうか? 10年位はやっていると思いますが一度もバイト代は家庭に入れたことは有りません。 離婚すると子供の養育等も出てくるので、住みもしない家のローンを払って子供を抱えるのは大変です。 ただ、ここには書ききれないほど、我慢をしてきていますので、例え子供が居るんだからもっと我慢したらと言うお答えはご遠慮いたします。 子供の前でも怒鳴られたり、物に当たって壁を凹ましたり、扇風機壊したりされています。子供にも悪影響だと思います。 なので、離婚するときにお金の問題をなるべくクリアにしておきたいので質問いたしました。 分かりにくい文章ですみません。 よろしくお願いいたします。(続きを読む)

「事案の概要」「事実経過」「裁判所の判断」を掲げ、問題の所在や裁判所の考え方を解説した『判決例・審判例にみる 婚姻外関係 保護基準の判断-不当解消・財産分与 … – Dream News (プレスリリース)
Dream News (プレスリリース)「事案の概要」「事実経過」「裁判所の判断」を掲げ、問題の所在や裁判所の考え方を解説した『判決例・審判例にみる 婚姻外関係 保護基準の判断-不当解消・財産分与 …Dream News (プレスリリース)新日本法規出版株式会社(所在地:愛知県名古屋市中区栄1丁目23番20号、代表取締役:服部昭三)は、「事案の概要」「事実経過」「裁判所の判断」を掲げ、問題の所在や裁判所の考え方を解説した『判決例・審判例にみる婚姻外関係 保護基準の判断-不当解消・財産分与・ … に干渉して家から追い出 …(続きを読む)