離婚してくれない妻 離婚に判を押してくれません。 年金をもらえる年になりました…
離婚してくれない妻 離婚に判を押してくれません。 年金をもらえる年になりました。 別居状態からもう10年経過。 妻は北米在住 海外赴任時代に知り合った北米の女性と結婚し、日本に戻りました。 約14年日本の地方都市で一緒に暮らし、子供も4人生まれ楽しくしていましたが、妻がどうしても子供を自分の国で育てたいと言い5年間と言う約束で戻りました。 子供は英語の小中高学校に通学し英語で妻と話せることをうれしく思っていました。 2~3カ月に一度は1週間位行くようにしていたので向こうの様子は知っていました。 特に心配することもなく安心していました。 さて、ある日娘から電話がありました。 お母さんが朝の3時頃帰ってきた。 男の人から良く電話がかかるようになり、花も届くようになった。 そして恋愛関係になってしまいました。 ある学校に通っていたのですが、そこの教師と 。。。(その教師も別居中) 色々と考えてみました。 妻は日本にはもう戻るつもりはありません。 今は連絡もしていません。 4人の子供の内3人は日本に戻り生活しています。(二人はすでに独立) 子供達は妻の出来事を傍で見ていました。 学校ではクラスの半分の生徒の親が離婚経験者。 北米社会はそういうところですからあまり悪いこととは思っていないかもしれません。 私もあちらの大学院で修士を取り、勤めていた経験がありますので 驚きませんが自分に起こるとは想像もしていませんでした。 馬鹿ですね。 妻の言い分もわかります。 国際結婚の不利な点です。 一例ですが子供たちは日本語を話し、TVを見て皆笑うのに自分一人だけ笑えないのです。 (砕けた日本語はわからい) 学校の父母参観日で歌を一緒に歌えないと泣いて帰ったり。。。、東京近辺なら外資系の会社で仕事でも出来ればかなりのガス抜きも出来たと思いますが、その時は地方都市。 仕方がないですね。 もう少し何かしてあげられなかったかと思いますが、今は後の祭り。 相手が日本人ではないので、離婚も面倒だと思います。 離婚申請書はもう2回送付しています。(日本語) ですが無視されています。 金を要求されているわけでもありません。 日本と同様に北米でも婚姻届を出していますが、妻からは離婚要請はありません。 (4年以上前に相手と結婚すると思っていたので、要請が来るものと思っていました。 今は知りませんが、前は彼氏と一緒に住んでいました) 長男が一緒に住んでいますが、口止めをされているらしく妻の話はしません。 今さらあっても話すこともないので、出かけるつもりもありません。 娘に子供が出来た時に連絡をしたようですが、娘は返信していません。 理由を聞くと面倒だからと言います。 喧嘩をしているというわけではないですが、子供たちも連絡はしていないようです。 母親とはこういうものですかね。。 女性なしでもやっていけると思っていましたが、やはりパートナーが欲しいと思います。 今度は絶対に日本人女性。 妻はなにを考えているのでしょうか? 教えてください。 想像は色々しますが。。。。 私は自営業です。(続きを読む)

外国、欧米の離婚率が日本の離婚率より高いことについて質問です 2010年世界の…
外国、欧米の離婚率が日本の離婚率より高いことについて質問です 2010年世界の離婚率についてインターネットで調べていると次の結果が出てました 1 ロシア 4.8 2 ウクライナ 3.8 3 ベラルーシ 3.7 4 米国 3.6 5 キューバ 3.1 6 チェコ 3.0 7 スペイン 2.8 7 ベルギー 2.8 9 韓国 2.6 9 スイス 2.6 9 デンマーク 2.6 12 オーストリア 2.5 12 ハンガリー 2.5 12 フィンランド 2.5 15 英国 2.4 15 ポルトガル 2.4 17 スウェーデン 2.3 17 ドイツ 2.3 17 オーストラリア 2.3 22 フランス 2.2 22 カナダ 2.2 26 日本 2.04 とありました非常に欧米の離婚率が日本よりもはるかに高いことに驚きました。 ロシアは世界の中でも法律的に離婚がしやすい裁判があまりいらないなど特殊だそうですが、米国、欧州、カナダ、豪州が日本より 離婚率が高いのは意外でした。 日本人男性や日本社会、日本の企業文化では日本男性は女性を褒めない、ハグなどスキンシップが少ない、キスとかしない、サプライズなどプレゼントや催しごとが少ない、結婚したら女性を大事にしない、釣った魚にえさをあげない、子育てや育児に関心がないか手伝わない、休みの日は寝てばかりで子供と遊ばない、毎日残業で夜遅くまで仕事をして、休日出勤も多い、仕事が終わると友人と酒を飲みにいって酔っ払って帰ってくる、など日本女性だけでなく、日本人男性と結婚したり付き合ったことがある外国人、欧米人女性も日本男性を非難してます。 一方外国、特に欧米人は毎日女性に言葉の愛情表現をしスキンシップを多くしレディーファーストを徹底し、子育て育児に協力的で休みの日は子供と遊び、平日は夕方には残業せず友人ともいっさい遊びに行かず、飲みにも行かず、すぐ来たくし家族一緒に食事を取り、休日出勤もせず、仕事より家庭を大事にするといわれてますし日本やアジアの女性たちはこんな欧米社会、欧米男性にあこがれている人も多いようですが、統計や数字を見るかぎり日本より離婚率が高いか、はるかに高いです。 そこで質問ですが海外在住経験、欧米人男性と付き合う、欧米人男性と結婚経験アリのかた、また人から聞いた話ではこの離婚率の差は何ですか?意外と欧米社会、欧米人カップルは目に見えない影の部分で日本にはないような対立や矛盾やトラブルあるのではないでしょうか? 回答お願いします。(続きを読む)

離婚を考えている子なしの30歳女です。 金銭感覚は合わないと最初から覚悟していた…
離婚を考えている子なしの30歳女です。 金銭感覚は合わないと最初から覚悟していたものの、結婚当初はいい妻を演じようと、節約を第一に頑張っていました。 結婚指輪、結婚披露宴、新婚旅 行など計300万以上を私の口座から出費し、ご祝儀230万は夫の通帳にいれました。 まさか離婚するとは思っていませんでしたがそれから2年、突然離婚を言い渡されたのですが、彼の口座の残高は340万。(確認していなかったのがいけませんが結婚当時の貯金はゼロだったそうです。) 結婚資金を折半しようと話していたのにこの残高です。 現在婚姻費用は折半したいと主張していますが、あちらは現在の残高で財産分与をする。となると妻側が夫に150万円払うようにもなると言ってきました。 たしかに結婚当初から300万円以上払ったとはいえ300万の貯金ができている。現在の分与でいけばそう考えられなくもないですが…悔しくて仕方ありません。 私は節約を心がけプレゼントも一切もらったこともないですし、この三年近くの生活で贅沢はしてきませんでした。それに引き換え夫は英語の習い事、豪華な外食、キャバクラ… どんなことも贅沢しておりました。その結果が今の残高なのだと思います。 調停も裁判も考えてはいますが、弁護士費用もかかるし、またこちらが有利に終えられるとも限らず、今後どのように進めたらいいのか分かりません。 知恵をください。よろしくお願いいたします。(続きを読む)

管轄明文化、法成立 手続きの迅速化期待 – 毎日新聞
管轄明文化、法成立 手続きの迅速化期待毎日新聞国際結婚した夫婦が、どのような場合に離婚訴訟を日本の裁判所に起こせるのかを明文化した改正人事訴訟法などが18日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。これまで規定がなく、裁判の管轄権が日本の裁判所にあるかどうかを判断するだけで数年かかることもあった …and more »(続きを読む)

大学新テスト「英語」試行調査 情報分析力を一層重視 – 産経ニュース
産経ニュース大学新テスト「英語」試行調査 情報分析力を一層重視産経ニュース英語での情報分析力を一層重視している」「情報を比較する力が問われる」。今回の英語試行調査の問題について、大手予備校関係者からはこんな受け止めが聞かれた。リーディング、リスニング問題いずれも与えられた資料や図式から情報を読み取り、内容を把握できるかを …and more »(続きを読む)