養育費、住宅ローン、離婚の条件をお教えください 夫 年収360万円 私 年収300万円(…
養育費、住宅ローン、離婚の条件をお教えください 夫 年収360万円 私 年収300万円(パート) 子供は6歳(年長)0歳1ヶ月の二人 住宅は2年前に頭金0円で2800万円の35年ローンを組み、月々約83,000円の支払いです。 貯金は子供達ものと、それ以外は恥ずかしながら50万円ほど。その他は車と家財道具です。 夫から性格不一致による一方的な離婚要求をされ、拒否するなら出ていく(円満調停する場合も出ていく)、いくらでも離婚理由はでっち上げ離婚できると言い、 夫は養育費の5万円のみで考えており、車はもらいたいと言っております。 当初夫は住宅は売却しオーバーローンは破産すると申しておりました。 やり直しを懇願しましたが主人は離婚の意志が固いです。 子供二人の親権は私がを持つことで一致しております。 1、仮に離婚しても主人は他にローンなどがの借入がなく、主人の収入で支払いができるのではないかと感じますが破産できるものでしょうか? 2、破産の場合、子供達の貯金は預金を引き出したとしても合計の手元現金99万円以外は差し押さえられますでしょうか? 3、破産の場合、私の父が払ってくれていた子供達の学資保険も解約されてしまいますか? 学資保険は私&子供達の名義になっております。 4、私の年収でこのまま住宅ローンの支払いはできますでしょうか? 子供達の体調で休んでしまうことが心配です。 5、住宅ローンと、所有の名義が主人になっておりますが、私へ名義の変更は難しいでしょうか? 6、調停にかけると主人の収入からは子供二人でも2~4万円の養育費になると思いますので5万円で承諾した方が得策でしょうか。 7、6万円で要求は難しいでしょうか。 8、資金が手元になく不倫も確定的ではないですが探偵に依頼した方がよいでしょうか。 (探偵事務所に問い合わせをした折り返しの着信を見られているので警戒されこれから証拠を掴むのは難しいかもしれません) 9、弁護士さんにお願いした方がよいでしょうか。 10、その他おすすめの離婚に応じる条件がありましたら教えていただけますと助かります。 お忙しい中、大変お手数おかけしますが何卒よろしくお願いいたします(続きを読む)

離婚の条件について。 現在別居中、離婚調停中です。 が、夫は調停には出てきてい…
離婚の条件について。 現在別居中、離婚調停中です。 が、夫は調停には出てきていません。 調停期日近くになると、あれこれ自分の要求を出してきて、その条件を飲むなら、調停期日より前 の日にちでなら離婚してやる。そうでなければ裁判までして戦ってやる。といっています。 その条件というのが、おおまかに言うと、 「親権は譲るから、解決金を払え。」 というものです。 子どもを愛しているのに譲るんだから金を払え、ってどうなんでしょうか? 本当に愛しているなら、こちらの希望する養育費を減額しろだの、子どもの口座宛に別居中も払うといったお金を払わずしらばっくれるなど、無いと思うのですが。。 なんだかお金で子どもを売る、みたいですごく悲しいし、子どもも可哀想じゃないですか? もちろん、お金を払えば離婚もできるし助かります。でも、なんだかそんな要求を飲んでしまうのが道義的にいけない気もします。 弁護士さんは、とにかく早期の離婚を望むか、正しい事を選ぶか、どうでしょう?みたいな感じなので、悩んでしまっています。 離婚の話し合いの中で、もうかなり精神的に疲れきっていて、正常な判断力を失ってきつつあるので、どなたかどう思われるかだけでも教えて下さい。 よろしくお願いいたします。(続きを読む)

離婚を条件として財産の贈与を受けた場合に贈与税が係りますか。
離婚を条件として財産の贈与を受けた場合に贈与税が係りますか。(続きを読む)

夫に離婚を切り出された59歳主婦、離婚せずに夫の死を待つ「打算」(下) – ニコニコニュース
ニコニコニュース夫に離婚を切り出された59歳主婦、離婚せずに夫の死を待つ「打算」(下)ニコニコニュース夫の体調を考えれば、離婚せずに放置しておいてもまた夫が倒れ、最悪の場合、そのまま亡くなる可能性もあります。私は不謹慎を承知の上で、「死別する場合と比べてみてはいかがでしょうか」と伝え、「夫の希望条件で離婚する」「離婚せずに夫が亡くなる」という2パターンの …(続きを読む)

「2人目まだ?」無神経な姑へ妻の”報復” – ニコニコニュース
ニコニコニュース「2人目まだ?」無神経な姑へ妻の”報復”ニコニコニュース1つ目は、このまま半別居を続けるパターン、2つ目は別居先での生活維持(家賃、生活費を支援を受ける)を条件に離婚するパターンです。仮に今後、真由美さんが2世帯住宅の家事をしたくなくなったら2つ目に踏み切るよ、と夫に伝達すればいいのです。 結局、セカンドハウスを手 …and more »(続きを読む)