クリトリス吸引グッズの魅力を解剖!! 空気圧でクリが震える!? – messy
クリトリス吸引グッズの魅力を解剖!! 空気圧でクリが震える!?messy20代で結婚するも大失敗(泥沼の離婚裁判)。赤子を抱えて厄払いにロサンゼルスへ気晴らし旅行に出かけ、思い付きでブティックを開業。海外と日本を行き来するバイヤー生活&ブティック経営でどっぷりファッションの世界にはまって15年、大手プチプラブランドにすっかり負けて …(続きを読む)

日本国籍を持つ子供がいるアメリカ人の在留資格について質問です。現在、私(妻)…
日本国籍を持つ子供がいるアメリカ人の在留資格について質問です。現在、私(妻)と夫(アメリカ人)は離婚に向けて話を進めています(既に別居)。主人は在日米軍に所属しましたが半年ほど前に退役しました。 この時点できちんと確認をしておりませんが、子供の名前(16歳)を使って日本での在留資格を得たものと思われます。現在夫とその16歳の子供は同居しており子供が住民票の筆頭人になっているようで、また借家の名義も子供の名前になっているようです。1年前から主人と子供は同居を始め、それまでは子供は私と米国に住んでおりました。ちなみに私は日本在住ではなく、米国に住んでおります。子供は主人が一緒に住んでいるフィリピン女性とその子供と合わずに他の理由も色々ありどうしても私の元に戻ってきたいと言っているのですが、主人が何かと理由をつけ、子供をこちらに返してくれません。(そのフィリピン女性がどういう資格で日本に住んでいるのかは不明です。)これは子供が日本を離れてしまった場合何か主人の在留資格に問題は生じるからなのでしょうか?もし、主人が自分の勝手な都合でただ日本に残りたいがために子供を自分と一緒に住ませるのは納得がいきません。子供は今後大学進学に向けて目標等があり、どうしても米国に戻ってきたいようですが、パスポートも取り上げられどうにもならない状況です。在留資格について詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ、ご教示いただければと存知ます。よろしくお願いします。(続きを読む)

国際離婚、アメリカテキサス州。 テキサス州の離婚法律に詳しい方よろしくお願いし…
国際離婚、アメリカテキサス州。 テキサス州の離婚法律に詳しい方よろしくお願いします。 当方プロフィール ·2016年9月アメリカテキサス州の方式で入籍 ·2016年12月日本に入籍届を提 出 ·結婚当初は国際別居婚、のち2016年1月米国移住 ·子どもなし ·今年10月夫のDVによりシェルターに逃げる(夫は逮捕) 着の身着のまま逃げたため現金もパスポートも何も無い状態です。(パスポートや荷物を取りに行こうとしましたが通報した私に逆恨みしている義理家族が嫌がらせで荷物の引渡しを拒否、半ば盗まれている状態)シェルターで支援を受けながら離婚と帰国を目指しています。 心身ともに疲れパスポートの再発行ができ次第帰国したいのですが、やはり離婚を先に済ませるのがベターでしょうか。ケースマネージャーと話し合いながら少しずつ進んではいますが何もかも奪われた状態でこれ以上長期にわたるシェルター生活には限界があります。 やっとDVから逃れられてもこの時期はアメリカはホリデー三昧で本当にスローなんです。 離婚の意思を夫には伝えましたが完全拒否の姿勢で裁判にまでもつれ込む気がします。 ただし、私は慰謝料請求や財産分与など望んでいませんしアメリカで得られる権利のすべてを放棄して永久帰国したいと思っています。 婚姻関係が短期間であること、子どもがいないこと離婚原因は夫のDVであり愛情は持っていないことを踏まえてどのくらい待てば離婚できるのでしょうか。 ネットでみたテキサス州の離婚法が申請から6ヵ月の居住義務とありました。そんなに長くアメリカに留まりたくないです。 国際離婚に詳しい方、専門家をご存知の方 ぜひ教えてください。よろしくお願いします。(続きを読む)

アメリカ人と日本で結婚し、婚姻届は区役所に出しました。その後渡米し、アメリカ…
アメリカ人と日本で結婚し、婚姻届は区役所に出しました。その後渡米し、アメリカ国籍を取りました。 アメリカ大使館に何か届を出したのかどうかは、配偶者は記憶がはっきりしてませんが、おそらく何もしてないと思います。 こういう状態で離婚する場合、いったい手続きはどうなるのでしょうか。もはや日本国籍がないけれど、それでも日本の離婚届を提出しないといけないのでしょうか(そもそも可能なのかわかりませんが。)そして、たとえ結婚時に大使館になにも提出してない状態でも、やはりアメリカで、居住地の州法に基づいて離婚手続きをする必要があるのでしょうか。 ちなみに、グリーンカードや米国籍取得などの手続きで提出した婚姻関係を証明する書類は、戸籍謄本の翻訳のみ、無事に受理されました。 なんだかまとまりがない書き方ですみませんが、よろしくお願いします。(続きを読む)