一方的な離婚について。 慰謝料の請求(和解金)を拒否 ↓ 一方的に別居 ↓ 数年後に…
一方的な離婚について。 慰謝料の請求(和解金)を拒否 ↓ 一方的に別居 ↓ 数年後に性格の不一致で離婚成立 ↓ 慰謝料も発生なし これが現実の流れなら一方的に離婚を要求された側が不利だし人生にバツをつけられ踏んだり蹴ったりになりませんか? 調停離婚が成り立つようなことはなく、コチラに落ち度がない場合です。不倫などもありません。(続きを読む)

夫が一方的に離婚と言ってくる! 冤罪です。 20代後半 結婚3年目で子供1人 1歳半。…
夫が一方的に離婚と言ってくる! 冤罪です。 20代後半 結婚3年目で子供1人 1歳半。 先日、地元の飲み会に参加しました。 久し振りだったので主人に子供を任せ、電車で30分程の居酒屋で飲んでいました。 男4で女2です。 ついつい飲みすぎて終電を逃し、楽しかったので2次会、3次会と参加して結局朝帰りしてしまいました。 最後まで残ったのは男2と私だけです。 もちろん何もないです。そんな関係じゃないし。 楽しくカラオケ等していたので、主人のLINEは放置していました。これが失敗でした。 始発で帰宅すると。 主人が起きて待っていました。 そして離婚しようと言われました。 理由は、男と飲みに行って連絡取れずに朝帰りは、浮気だと。 ちなみに断じて何もしていません。 私は逆ギレして、何もしてない!と怒ったのですが、「何もなかった証拠もないし、信じられない。一晩中、自分は心配し、他の男と浮気してる想像して過ごした。今後も今日のことを思い出すと辛いから離婚したい。何もなかったとしてもこんな思いはもうしたくにい。」 とのこと。 ありえないと思いながらも、とりあえず保留にしてもらってます。 離婚届はまだリビングのテーブルに置いてあります。 主人はそんな感情的な感じではなかったので本気だと思います。 そもそも私は主人を愛しています。夜の方も週2.3だし、仲もいいです。 飲みに行ったのは子供が生まれてから久し振りです。 主人は稼ぎが良く私は専業主婦です。 離婚なんてありえません。 どうすればいいと思いますか?? 流石に冤罪で離婚は嫌です。 主人はものすごく真面目で頑張り屋でなおかつ一途です。本当に好きなんです。(続きを読む)

婚姻期間3年別居期間5ヶ月です 子供なし専業主婦です 旦那から離婚したいと言われ…
婚姻期間3年別居期間5ヶ月です 子供なし専業主婦です 旦那から離婚したいと言われ一方的に出ていかれてました 離婚理由は旦那が仕事の帰りが夜中過ぎから朝になり連絡が1回もないので私が情 緒不安定になってしまい一方的にLINEで浮気してるの?遊んでるの?ひどい、嘘つき、離婚したい、結婚しなきゃよかったなど送ってしまいました 朝まで帰らないことがあるのでほんとに仕事かはわかりません 旦那はこのLINEが仕事してるのにこんなこと言われるのはつらい、離婚したいって言って出ていきました わたしは旦那から連絡がこなくて夜も眠れなくて精神的につらくなってました でも離婚はしたくないのでもう連絡は一切しないと反省しても旦那は出ていきました このわたしのLINEが精神的苦痛だから裁判して離婚すると言っています 裁判では認められますか? 今すぐ離婚するなら300万解決金を払うと言われました どうしたらいいか悩んでいます 裁判で離婚が認められてしまうなら今300万もらって離婚に応じたほうがいいのか離婚したくないから婚姻費用もらってたほうがいいのか どちらにしても別居期間あれば離婚は認められてしまいますか? 旦那は裁判したらLINEを理由に慰謝料もらえるのは俺だと言ってました(続きを読む)

出産後にあえて離婚届…ある漫画家が法律婚ではなく “事実婚”を選んだワケ – www.fnn.jp
www.fnn.jp出産後にあえて離婚届…ある漫画家が法律婚ではなく “事実婚”を選んだワケwww.fnn.jp特に水谷さんの夫婦の場合、夫も「男は一家の大黒柱であるべき」などのような男性的な同調圧力に違和感を感じていたため、事実婚がお互いにベストだったという。また事実婚を選択したことで、そういった価値観を受け入れられない人とは距離ができ、価値観のすみ分けが …(続きを読む)

40代ですが何か?別れてもすぐに次を見つけるハリウッドの女性セレブたち – Yahoo!ニュース 個人
Yahoo!ニュース 個人40代ですが何か?別れてもすぐに次を見つけるハリウッドの女性セレブたちYahoo!ニュース 個人候補者の名前は明かされていないが、ひとりは最近離婚したばかりの男性、もうひとりは業界でクリエイティブな仕事をしている男性とのことだ。 … 一方的な破局に激怒しながらも、キャリーは1ヶ月後、14歳年下のバックアップダンサー、ブライアン・タナカとつきあい始めている。(続きを読む)